FC2ブログ

満天の星空のもと薬膳茶会を

占星術・タロット、薬膳、心と身体、おいしいもの、興味のあるテーマをつづってゆきたいとおもいます、

1月31日・満月(皆既月食)

みなさま、こんばんは。

今夜は皆既月食ですね。
1月には2日に満月がありました。
同じ月の中で2回目の満月を「ブルームーン」
と呼ぶそうです。
日本で皆既月食が観測できたのは、
2015年4月以来、3年ぶりになるそうです。
そして今夜の満月を通り抜けると、
2月3日の節分、4日の立春と、切り替わりを
感じるような満月・月食のようにもおもいます。



満月のサビアンの度数は
獅子座12度の月「宵の芝のパーティー」

太陽は水瓶座12度
「上へと順に並ぶ階段の上の人々」
獅子座は自分自身を環境へと表現すること。
「芝のパーティー」ということで、青空のもと、
開放的な雰囲気もあらわしています。

月食は、太陽の光を受けた地球が影がとなり、
月に重なり、月を隠します。
地球の影が映る・・というところから、
「内面の深いところに触れる」
「瞑想をするのに良い時期」
など・・普段は触れないような心の奥そこに
触れてゆくこともあらわしています。
気持ちが揺れたり、動揺するようなことも
おこるかもしれません。

そんなとき・・
起こった出来事そのものに気持ちが向いて
しまいそうですけれど、出来事そのもの・・
ではなく、
そのときどんな自分があらわれているのかな・・
とか、
どんな風に自分自身を表現したい
とおもったのかな・・
どんな風に自分がたちあらわれてくるのかな・・

という風にをみてゆくと良いのかもしれません。

今まで取りやすかった、反応から離れて
すこし新しい、けれどそちらの方が
自分自身にとってより自然であったり、
ほっとすることであったり、楽しい方へ・・舵をきる。

月食は通常の満月よりも影響が長く続く
と言われています。
(次回の月食が7月28日に
水瓶座/獅子座ラインで起こるので、
それまでの間今回の月食のテーマが続くことも)

そして、今回の月食の獅子座の月のとなりに
準惑星(小惑星)セレスが寄りそう形で
くっついていることに目がとまりました。
セレスは「無償の愛を注ぐ」「育てる」
「はぐくむ」ことを表している天体です。
獅子座の表現、クリエイティブ、
自分自身の存在を環境に向けて開いていくこと
そういったテーマを優しいまなざしを持って
見守って育ててゆく。
そんな満月(月食)なのかもしれないですね。


月食を観測をされる方は
暖かくされてお外へおむかいください。
みなさまもどうぞ良い満月(皆既月食)を
お迎えください


追記:
サビアンシンボルをもっとよく知りたい!
とおもっていられる方に(*^^*)
サビアンシンボルを四コマ漫画で描いていらっしゃる方のブログです。
「ホシヲツグ 星の言葉を継ぐ人たちへ」ブログはこちら→☆彡
獅子座12度の記事が素敵でしたので、ご紹介します。
ホシヲツグ 獅子座12度

最近は↑サビアンシンボル四コマ漫画のブログから新しいブログを
書かれています。
「すたくろ」ブログはこちら→☆彡



☆☆☆
お申し込みメールフォーム・お問い合わせのメールフォーム
を作成してみました。


西洋占星術・タロットの鑑定をうけたまわっております。
お申し込みメールフォーム

お問い合わせなどはこちらから(*^-^*)どうぞ
お問い合わせメールフォーム


スポンサーサイト

PageTop

「漢方・鬼やしき」 薬いろいろ

漢方薬

みなさま、こんばんは。

漢方や薬膳の記事も書くつもりで
つけたブログタイトルだったのですが・・
ほとんど何も書いていないことがずっと
気になっていました・・・
今日は、すこし漢方の話題を。。。

今年の冬は寒さが厳しいですね、
風邪やインフルエンザなども
流行っていますけれど・・
私は先日から、風邪をひいてしまいました。

最初は軽く済むような感覚があったのですが・・
一日、無理をした日があり・・
そこからちょっと大変になってしまい。。
やっとなおってきたところ、
咳がではじめてしまいました((+_+))

咳止めや喉の炎症に良い漢方薬もあり、
いつも常備しているのがちょうど切れていて・・
買いに行くべきか、
でも電車に乗って無理に動くと逆に悪化するか・・
悩んでいた時に、ふと「あっ!これがあったはず」
と探してみたらありました!


写真の「漢方 鬼やしき」
こちらは埼玉県の「漢方専門薬局 環」さん
出版の風邪の症状を赤鬼、青鬼など物語風に
お話にして、風邪(熱風邪、のど風邪、咳風邪
のようなタイプ別の風邪の症状)についてを
かわいらしく、漢方の見方で書かれている
冊子です。そして7種類の風邪の漢方薬
(イスクラという漢方薬の会社)
が一袋ずつ入っているという、
楽しく親切な冊子セットなのでした。
本にも書かれているのですが、風邪の症状にも
さまざまあり、風邪のお薬が7つもあるのですね。
そして、もちろん薬を飲むだけでなく、
湯たんぽを使ってこんなふうに温めてね。
などの、風邪を引いたときに身体に良い対処法
なども書かれています。

早速、ひと袋のんでみました。
一袋だと、実感的に感じにくいところも
あるのですが、でも、飲む前より楽になって
きているところがあるので、すこし様子をみて、
近くにイスクラのお薬を扱っている薬局を
探してみよう。とおもいました。

「漢方 鬼やしき」を購入したのは、
新小平駅にありますあんとす堂さんです。
フラワーエッセンスのセッションを受けに
はじめて訪れました。
植物の本や自然と人との本のたくさんある
とても素敵なお店です。

かわいいお花屋さんコトリ花店、美味しいお菓子のあるAtelier conafeさんと
3軒のお店がかわいく並んでいます。

どのお店もとても素敵です。
よかったら訪れてみてください。
(※「漢方 鬼やしき」の冊子セットは、限定本
だったかもしれないので・・
もし、お買い求めになられたいときは
現在の在庫をお店に確認されてから
訪れてみてくださいm(_ _)m)

明日は東京に雪の予報も出ていますね。
みなさまもどうぞお風邪など、
お身体にお気をつけて
身体をあたたかくされてお過ごしください。





PageTop

1月17日・新月

みなさま、こんばんは。

今日は山羊座の新月でしたね。
先月12月20日に山羊座に土星が入り、冬至に太陽が山羊座へ、
そして次々に星が集まって、新月の図では山羊座に6つ集まっています。

土星は山羊座4度「大きなカヌーへ乗り込む一団」
水星は山羊座9度「ハープを運ぶ天使」
冥王星は山羊座20度「歌っている隠れた合唱団」
金星は山羊座29度「紅茶占い」

そして新月は山羊座27度「山の巡礼」です。
「山の巡礼」はより高い目的地を目指して、ひとつひとつの段階を登っていく。
27度はすこし無理をする度数と言われています。

今回の新月を機に何かチャレンジされていくことがあるかもしれないですね。
土星が山羊座にある、ということも大きな要素になります。
山羊座は身体の対応で言うと、「骨」になります。
骨組み、骨格・構造をあらわしています。
そこに土星が入ってくるので、構造・骨組みを見直す機会も
これから訪れると思いますし、何を大切に基礎を築いていくか・・?というところに
焦点があたってくるとおもいます。

今回の新月は、しっかりと安定感のある山羊座が6つあるので、
きちんとしすぎてしまう。。という傾向も出てきやすいので、
リラックスできる機会を見つけてみてください。

蠍座には木星・火星が、牡羊座には天王星があります。
行動力も発揮しやすくなります。そして縁と縁が結びついていく。
ちょっと変わった感じの流れ、普段と違うけれど、でもなぜかそうなっていく・・
そんなことも起こりやすい新月なのだとおもいました。

どうぞ素敵な新月のはじまりでありますように。







PageTop

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます

お正月に入ってすぐ、1月2日は、地球に最も月が近づいた
といいうスーパームーン・満月でしたけれど、
みなさまはお正月をいかがお過ごしでしたでしょうか。
前回の記事
に満月のことをすこし書かせていただきました)
自分自身にとって大切なこと、大事にしていきたいこと
に気づく体験、気持ちが大きく揺れる体験をされた方も
いらっしゃいますでしょうか。
(新月や満月は、気持ちが揺れやすくなるタイミングでもあります)

私自身は、今回の年末年始はいつもの年にまして
ややあわただしかったような・・?感じがしていましたけれど(^▽^;)
「小さな声に耳を傾けて聴いてみる、感じてみる」
ことにもフォーカスをあてたりしてみていました。

お正月、という時間は特別な時間なのだなあ・・
と改めておもったりもしました。

新しい一年がみなさまにとって、より良い、素晴らしい一年に
なりますことをお祈りしております

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

PageTop