FC2ブログ

満天の星空のもと薬膳茶会を

占星術・タロット、薬膳、心と身体、おいしいもの、興味のあるテーマをつづってゆきたいとおもいます、

5月16日に天王星が牡牛座へ移動します

観覧車 星空

みなさま、こんにちは。
5月になりましたね。
おととい29日は、吉祥寺にあります
escalier.C エスカリエ・セーにて、
タロットカフェのイベントをさせていただきました。
オーナーの涼子さん、参加してくださったみなさま、
ありがとうございました

最近購入しました新しいアイテムを
持って行ってみました。
20180430212814d1a.jpeg

Horoskopskiさんのところで購入した豆惑星マグネットと
ホロスコープ風ダイザー(台座)

ホロスコープには12星座がかわいく
デザインされています。小粒惑星マグネットを
配置しながら今現在の星配置や、新月・満月の
お話、そして今年の星配置の中でも大きな話題
にもなっています、
5月16日に天王星が牡牛座へ移動する
お話させていだだきました。

4月16日に牡羊座の新月があり、
(ブログにも新月について書かせて
いただいています→4月16日・新月
この時の新月のすぐそばに天王星が
ありました。
現在は牡羊座のいちばん最後の度数にあり、
今月16日に、牡牛座へと移動します。

牡羊座に天王星が入ったのは2011年3月。
7年かけて、ひとつの星座を運行します。

牡羊座は12星座のはじまりの星座であり、
「火の星座」です。12星座を人の一生の成長の
プロセスと考えた時には、生まれたばかりの
赤ちゃん、赤ちゃんを見ている時に感じる
生命力そのものをあらわしています。
赤ちゃんがこの世界に生まれて、右も左も
わからないけど、さまざまなことを体験して、
時に勇気をだして挑戦していくこと。

2011年3月から、何か新しく取り組んだり、
挑戦してきたことがあったでしょうか?
天王星は改革・変革の星とも言われているので、
大きく刷新されて行ったことがあるかもしれません。
それぞれの方が持っているホロスコープによって、
天王星がどの場所で影響を受けとっているかも
お一人ずつ違ってきたりしますけれど、
12星座の一番初めのポイントに牡羊座がやってきて
その場所を変革して行った・・ことを振り返ってみると
今までの7年間はとても大きな変動期の中に
あったようにもおもいます。

牡羊座の30度、サビアンシンボルは
「アヒルの池とそれが育む子供たち」です。

たくさんの体験を経たのちに、自分らしさに
戻っていくこと。本質や資質に気づいて
そこに帰っていくという度数です。

普段、何気なく生活しているお家から、
全く知らない土地へ旅行に出かけたりして、
新鮮で楽しい体験もあって、また行きたいなと
おもうけれど、家に帰ってきた時に感じる
ずホッとする気持ち・・にすこし似ているのかも
しれません。

次の牡牛座は「地の星座」
具体的なところへ着地する。身体の内側をしっかり
感じて顕在的・潜在的にある能力と向き合う。

5月16日に天王星が入っていく牡牛座1度は
サビアンシンボルは「清らかな山の小川」
シンボルに書かれている「山」は牡牛座の象徴
でもあったりします。
家系的に持っている遺伝的な資質・才能が山で
あらわされ、山の頂にはその純粋なエッセンスが
満たされていて、それが小川となって山の下へと
流れていく様子をあらわしています。

牡羊座の30度のアヒルの池とアヒルたちが
山から小川にのって流れてくる・・とイメージ
してみることもできますね。

上から下への流れは、火の星座の牡羊座が
地の星座、牡牛座に着地する。具体的な方向へ
強い力で運ばれていくということでもあります。
(例えばお医者さんの家系に生まれたら、
お医者さんにふさわしいような才能を持ってこちらへ
来ている。といったような・・)

これまでの7年間を振り返ったりすることにも
良い時期だとおもいます。
当たり前のように感じていたことは、実はとても
素敵な才能だったということに気づくことかも
しれません。
そして大切なことは意外に当たり前すぎて、
見えにくくなっていることもあるので、そういった
ことに意識を向けて行ってみると、平和で安心
できる特別な場所が浮かび上がってくるかも
しれませんね。

天王星が牡牛座に移動する前日の15日は
牡牛座の新月。
星の移動と新月が重なるので、何か大切な
ターニングポイントになるような時期ですね。

私自身も、今の時期に、感じることを大切に
過ごしていきたいとおもいます。

みなさまも次回の新月が良いきっかけになる
ような素敵な新月になりますように。

(天王星は、牡牛座に入ってからまた11月には
牡羊座に戻ってきます。
ですので、牡牛座の天王星に本格的に入るのは
2019年3月から、それまで行きつ戻りつします。
決定したこと、はじまったことを軌道修正する
期間になっていくとおもいます)







スポンサーサイト

PageTop