FC2ブログ

満天の星空のもと薬膳茶会を

占星術・タロット、薬膳、心と身体、おいしいもの、興味のあるテーマをつづってゆきたいとおもいます、

10月9日 天秤座新月

星空

みなさま、こんにちは。

本日
10月9日、12時46分頃、天秤座の新月ですね。
サビアンシンボルは天秤座16度
「流されてしまった船つき場」です。

天秤座は、活動宮であり、四元素の風の星座。
より多くの人の中にいて、公平さと爽やかなオープンさ
を持っている星座。人と人との接点や、それによって
変化のきっかけが作られたりします。
バランス感覚にも優れています。

サビアンシンボルは1~30度ありますが、
真ん中を過ぎた16度では、苦手ポイントを克服
するべくやってくる出来事などをあらわしています。

天秤座16度では、バランス感覚を試されるような
出来事があるかもしれません。
「船つき場」が流されてしまったことで、
あらかじめ、予定していたところではない、
別の視野を取り入れて、新たな着地点を見つけて
いくこと、リスタートをすることもあらわしていると
おもいます。(そのための小休止という意味合いも)

また、バランス感覚をとりもどしていく。ということから
いったん、その状況から離れてすこし休むこと、
落ち着いて俯瞰できるように心の内に聞いてみる。
などのこともあらわしています。

今回の新月は心の奥深い部分を見ていくような
星の配置もありますので、「良いか・悪いか」という
視点で判断しすぎて苦しくなってしまわないように・・
自分にも周りにも、スペースをとってあげてみて
ください。


10月6日から、蠍座の金星が逆行をはじめている
ことも影響があるとおもいます。
金星は、対人関係や恋愛、芸術、経済活動なども
あらわしている天体です。

進んでいた話が進みにくくなったり、
改めて考え直す、話合う、練り直す・・
などあるかもしれません。

または、過去が再び訪れるということもあらわして
いるので、何か戻ってくる、再会する。復活する。
出来事もあるかもしれません。

蠍座は深く掘り下げて、地下に眠る源に触れる
ようでもあります。
そのことを今、考えなくてはいけなかったり、
熟考する必要があることに丁寧に向き合って
接していくことで、今まで触れることのできなかった
部分、新しい道を見つけていける時期でも
あるとおもいます。

蠍座の金星は11月16日に順行に戻ります。
そして、
11月8日には蠍座の木星が射手座に移行します。
これからの1か月、年末に向かって忙しくなって
ゆく方もいらっしゃるかもしれませんが、
効率的にを考えすぎず・・心や身体に休憩をとりながら、
進んでいって。そして、協力し合える人とともに、
つながり合い、一緒に考えてみることにも良い時ですね。


どうぞみなさま、良い新月をお迎えください。
スポンサーサイト



PageTop