満天の星空のもと薬膳茶会を

占星術・タロット、薬膳、心と身体、おいしいもの、興味のあるテーマをつづってゆきたいとおもいます、

水星逆行、8月22日の新月(日食) その②


8月22日の日食の太陽と月のサビアン度数は
獅子座29度の「人魚」です。

人魚は海があらわすような、形がはっきりと
しない「さかな」の無意識世界・霊感や直感と
「ひと」があらわすような、輪郭の、はっきりとした
具体的なことの2つの世界を
生きている存在です。

「2つの価値観を行き来する」
「2つの価値観のはざま」は
サビアンシンボル29度どの
星座でも共通の特徴です。


あいまいな、言葉にならない世界のものを
言葉や文章にする。筆をとって、絵に描くなど。
創作活動をあらわしていたりします。


22日の新月をきっかけに、何かアイデアを
具体的に形にすること、実際に行動したり、
試行錯誤をされて行かれる方も
いらっしゃるとおもいます。

新月のお願いをしたり、言葉や文章にしてみたり、
絵に描いたり、好きな写真を撮ったり、
集めたり・・お正月ではないですけれど、
夜見た夢を書きとめておいたり、
そういった目に見える形として曖昧な世界
から「取り出してみる」こともよいとおもいます。

日食の影響は通常の新月よりも、大きく、
長く続く可能性があります。
(3か月から半年くらいでしょうか)
この日に何かが起こらなくても、
しばらくしてからあらわれてくることも
ありますので、この日の何気ないことも
書きとめておかれると、あとで見直したり
できてよいとおもいます。

水星逆行中で、過去からのお知らせ。
みたいなものもあるようにおもいます。
過去を振り返り、気づくことが多い時期です。


太陽と月に対しては、牡羊座の天王星は
トラインの関係を作り、変化や変革を
後押ししてくれています。

火星・木星・土星はそれぞれ助け合い
結び合っている関係性をつくっているので、
行動力も発揮しやすいでしょう。
火星はかなり勢いのある、
熱がこもった獅子座の度数にあるので、
勢いよくあらわれることも考えられますが、
土星がやわらかく、落ち着かせてくれるので、
適度なスピード感が出てくる天体配置ですね。


勢いが出てくる時期でもあり元気がでる
天体配置でありますけれど、
気候の変化もあり、疲れやすかったり、
身体が変調しやすくもあるので、身体の声に
耳を傾けて、その声にそって動いたり、
休まれたりされると良いとおもいます。

みなさまもどうぞよい新月(日食)を
お迎えください(*´∀`人 ♪






スポンサーサイト

PageTop